正しいクレンジングでくすみを防ぐ

subpage01

透明感があり、張りや弾力のある肌は誰もが憧れます。

お肌の調子が良いだけで、何歳も若く見られることもあるくらいです。
ただ、残念なことに、加齢とともに、段々と肌がくすみがちになるのを実感している人も多いのではないでしょうか。

クレンジングのくすみ情報を参考にしましょう。

そもそも、肌のくすみは何が原因となっているのでしょうか。
くすみが、加齢とともに気になってくる原因のひとつは、これまで長年浴びてきた紫外線による、メラニン色素の沈着です。
メラニンは肌を茶色っぽくしてしまいます。また、血行不良もくすみには大敵です。



血行を良くするためには、日頃からの運動や、マッサージが有効です。

そして、一番の原因は、毛穴に溜まった、汚れの蓄積です。


毎日のクレンジングがいかに大切かが分かります。一見、落ちたように見えるメイクも、実は完全には落ちていないことがほとんどです。

汚れが肌に溜まると、それが皮脂と混ざり合って酸化してしまいます。

正しいクレンジングの方法を見てみましょう。


まず、大切なのは、口紅やマスカラなどの落ちにくい部分のメイクを先に落としてしまうことです。



顔全体はそれからになります。

洗顔は、力強くゴシゴシ洗ってしまうと、肌を傷つけてしまうので、優しく円を描くように洗ってあげます。

特に目元や口元は肌が弱いので、注意が必要です。また、色々なタイプのクレンジング剤があるので、自分の肌に合ったものを見つけることも重要です。毎日、コツコツと自分の肌と向かい合いながらのお手入れが、くすみを防ぐことにも繋がります。